妊活 食べ物 サプリ

葉酸サプリで妊活に成功

私は現在30代後半の主婦、20代後半で二人の子供を出産しました。その時の妊活体験についてお話します。

 

私は妊娠を考えるまで生理周期がバラバラでした。そのためにまずは規則正しい生活を送るように心がけるところから妊活生活をスタート。葉酸のサプリが妊活に効果が高いと聞いていたので、葉酸サプリも購入し毎日習慣として飲み続けました。睡眠時間をしっかり確保し、食生活を合わせて整えていくことで、約6か月後には定期的に生理がくるようになりました。生理が安定する兆しを見せ始めた4か月経過位からは、婦人体温計を購入し自分の基礎体温の変化も知るようにしました。そうすることで自分の一番妊娠しやすい排卵日も予測しやすいと思ったのです。

 

実際基礎体温を測ってみると元々平熱の低い私は、思っていたほど分かりやすい変化が現れません。微妙な変化では妊娠のタイムリーな時期をつかむことは難しいと思い、6か月後以降は合わせて排卵日の試験薬も使うようにしました。そんな生活を続けること約10か月、やっと待望の妊娠に成功したのです。

 

私は妊娠をしたいと思えばもっと簡単に妊娠するものだろうと思っていたので、いかに妊娠することがミラクルなことなのか、そしてそこに至るまでには努力が必要であることを実感しました。妊娠するためには自分自身の体を整える必要があります。その上でパートナーにもタイミングをはかってもらう必要もあり、この共同作業が成功した先に妊娠があるのですね。

2015/09/25 18:31:25 |
私の妊活期間は3年半ほどになります。2人目不妊です。1人目ができるまでも長かったですが、それでも結婚して1年過ぎたころだったので、不妊という意識はありませんでした。そして、1人妊娠できたということで、「2人目も、赤ちゃんはできるもんだ」と思い込んでいました。1人目の授乳が終わったころ、すぐに妊娠しました。ですが、13週で流産してしまいました。お世話になっていた産婦人科の先生から「またすぐにできるから」と励ましていただき、タイミング療法を続けていましたがなかなかできず、悩み続けて、ついに別の病院へ行くことに決めました。次に行った病院で言われたことは、「流産手術で子宮が荒れて、まだ元に戻っていない...
2015/09/25 08:58:25 |
私は二人目不妊で7?8年妊活してました。子宝に恵まれると言われていることはとにかくいろいろ試してきました。基礎体温をつける、子宝グッズを買う、ザクロジュースを飲む、漢方を飲む、排卵検査薬を使う、婦人科に行く、よもぎ蒸しパッドを使うなど、他にもあります。「これで妊娠しました」と言えるものは何かわかりませんが、身体を冷やさないようにしたのが良かったのではないかと思っています。30歳を過ぎた頃から、身体の冷えがひどくなってきました。それまでは冬でもさほど厚着しなくて大丈夫でしたが、靴下の重ね履き、ズボン下の重ね履きをしても外では寒くてたまらなくなってきたので、シルクとウールの靴下を合わせて4枚重ねて...
2015/09/24 08:56:24 |
私は約1年間の妊活を経て、無事赤ちゃんを授かることができました。妊活中特に力を入れていたのは、毎日の食事を中心にできるだけヨガと半身浴を行うということでしたので、ここに少し書きたいと思います。まず食事に関してですが、バランス良く栄養が摂れるようなメニューにするのはもちろんのことですが、特に妊娠に必要だと言われているビタミンBとE、そしてタンパク質だけは不足しないように心掛けました。そこで私はタンパク質は必ず3食の食事+間食で必要量を摂るようにしました。決してプロテインなどは食べなかったです。そして、ビタミンBとEは食事を中心に、少しサプリメントで補う形で必要量を摂るようにしました。また葉酸もサ...
2015/09/17 11:33:17 |
最初は気にしていませんでしたが、結婚して3年たっても妊娠せず、その頃から妊活を意識するようになりました。結婚すれば自然に出来ると想っていましたが、インターネットや本などで色々調べると、妊娠するのも簡単じゃないということが解りました。とりあえず私は基礎体温をつけて、自分の生理周期と排卵日を調べるという基本的な所から始まりました。そして、妊娠するためには体を冷やさない方がいいとあったので、冷え症を直そうと漢方を飲み始めました。漢方薬局で処方してもらい、十全大補湯という漢方薬を飲み始めました。そして、体に異常がないか産婦人科でも検査を受けました。私も夫も特に体の機能や形に異常は見当たりませんでした。...
2015/09/16 11:28:16 |
結婚8年、子供がほしいと思って妊活開始。正直周りに不妊症という人はいませんでした。何より私自身3姉妹。母は安産系で典型的なお母さん体型。子供なんてすぐできると思ってました。が!甘かったー!子供が出来るまでこんなにかかるなんて。産婦人科の門をたたいて、検査。なんと、「不妊チックな要素がたくさんある。」と言われちゃいました。私の中の不妊なイメージは生理不順。でも私は毎月28日から31日できっちり派。「何がいけないんですか?」と聞くと、「生理がきっちりあるからってOKなわけじゃないから」初めて知りました、そんなこと。そして「排卵していなければ意味がない」とも。「・・・・ということは私排卵してないのか...
2015/09/15 22:46:15 |
わたしが妊娠したのは35歳のときです。20代後半から不妊の可能性が高くなる子宮内膜症を患っていて、婦人科を定期的に受診していました。子宮内膜症にはホルモン療法や腹腔鏡手術などの治療法がありましたが、わたしの主治医は「子宮内膜症だからといって絶対、妊娠できないと決まったわけではない」「婦人科医の仕事はできるだけ妊娠する可能性を確保すること」という方針で、わたしも納得して、あまり大きくいじらずに、漢方薬で月経痛を軽減しつつ、毎月、血液検査をして排卵があることを確認していました。結婚後も通院を続け、同様の治療と経過観察を続けながら、わたし自身が医学系の雑誌で知ったサプリメントを飲み始めました。ピクノ...
2015/09/14 11:30:14 |
私が子供を授かりたいと思い始めたことは、マカというサプリメントを摂るようになったことでした。30代半ばでの結婚でしたので、子供を授かることができる時間にも限りがあるということを嫌でも意識しなければならなかったこともマカを摂る第一の理由でした。実際にマカを摂ることで、疲れを感じることが少なくなり朝の目覚めもよく、以前よりも体も軽くkなり、同時に肌の調子も良くなったように思いました。その後、子供を授かるも出産に至らなかったことから、本腰を入れて体質を改善しようと決意したのです。そして始めたのが漢方薬を摂ることでした。低温期、排卵期、高温期とで違った成分が処方された漢方薬を摂り子供を授かることができ...
2015/09/11 22:30:11 |
結婚してそろそろ子供が欲しいなという気持ちで基礎体温を測っていました。本格的に子供が欲しいなと思い始めて2か月で1人目の男の子を授かりました。初めての妊娠・出産で男の子でも女の子でもどちらでも良かったのですごくうれしかったのを覚えています。子供が1、2歳になる頃男の子の子育ては大変で、女の子のお母さんがとても楽そうな子育てをしているように見えました。私も3人姉妹なので次の子は女の子がどうしても欲しいという気持ちになりました。1人目の子が2歳半くらいの時から2人目の子作りを頑張りました。女の子は排卵日2,3日前の性交渉で産まれやすいという本を読んでしまったため1年近く子供が出来ないという状況を自...
2015/09/07 22:12:07 |
私は結婚して3年ほど、なかなか妊娠が出来ずにいました。子供はすぐに欲しかったので、自分なりにタイミングを見ながら1年ほど妊活をしました。基礎体温を計ったり、排卵検査薬を使って排卵日を特定したりと、排卵日の予測はそんなにズレてはいないものの、なぜか妊娠が出来なかったのです。1年ほどしてそれでも出来なかったので、地元でも評判のよい婦人科に通い出したのです。婦人科ではまず体が妊娠出来る状態であるのかを確認するために、子宮ガンの検査や血液検査でホルモン状態を調べたりと、今まできちんと調べてこなかった検査をしました。早い段階で旦那の精子検査もしてくれて、そういった検査を1つずつクリアしていくことで、妊娠...
2015/09/04 17:04:04 |
最近では、妊活と言う言葉を良く聞くようになりました。この妊活とは、妊娠するために行う活動のことを指し、病院に通って高度治療をするのも妊活ですし、妊娠するために食事内容などを変えるのも、妊活の一つになります。この妊活ですが、いろんなものがあります。実は、私もこのようなことをして、妊娠、出産しました。[ 1 ] 移植の前には半身浴をした!私の場合には、顕微鏡受精で受精卵を造り、その後、受精卵を子宮に移植して、妊娠、出産しました。この移植の際に、ネットの口コミで、移植前の朝に半身浴をして、妊娠したと言う人が何人かいたため、試しに、私も移植前に半身浴をして、移植に臨みました。また、毎日、子宮を温めるた...